1/6

sediments
 

 

水面に映る建築物を見ることは出来るが、触れることは出来ない。写真に写る建築物にも同じことが言える。例え触れたとしても、それは水や紙といった支持体の表面に触れただけである。現実の建築物に触れればその温度や質感、質量を感じ取ることが出来る。しかし水面や印画紙の建築物は「見える」がそこには実際存在していない。ゆらゆらとしてとめどない、薄っぺらくて存在が危うい。存在するとはどういうことなのか。私が写真や反射などの現象に出くわした時に思い当たるのは、いつもその前提的な疑問である。写真とは印画紙に焼き付けられたイメージのことではなく、そのような疑問を包括する概念としても捉えられる。本作では前述した「写真」について観者が意識出来る写真を模索した。



You can see water reflection of architectures however, you can’t touch them because they're just reflections. It’s same as architectures in photographs even though you attempt to touch them, you could only touch the support medium such as water or photographic papers. When you touch actual architectures, you could feel their temperature, texture or mass. However, in photographs or reflections, they could be seen but not existed. They are swaying, unstable, flimsy. What is to exist? I always come up with the question when I see phenomenon like photographs or reflections. Photographs don't mean the images printed on photographic papers but could mean a concept which includes the question. In this work, I searched for photographs which viewers can be conscious of [photographs] which I previously described.