identity

写真にオリジナルは存在しない。コピーであること、そのコンセプト自体が写真なのかもしれない。

There is no original in photography. Being a copy, the concept itself may be called photography.

スクリーンショット 2022-05-06 14.08.48 のコピー.png

letter

あるテキストの1ページに書かれた言葉を一文字ずつちぎり、出来上がった紙片をスキャナーに配置。更にスキャンした画像を繰り返し並べ、文字よりもパターンが前傾するようイメージを制作。人は言葉から様々な恩恵を受けている。しかしその分言葉に縛られ、苦しむこともある。テキストの作者もーその内容から鑑みるにー言葉にジレンマを抱いているように感じた。人間である以上言葉から逃れることは出来ないだろう。しかし視覚的なアプローチからそれを解体することで、一時的に抽象的な空間を生み出すことはできるかもしれない。

The text written on one page of a certain text is torn off character by character, and the finished piece of paper is placed on the scanner. Furthermore, the scanned images are repeatedly arranged to create an image so that the pattern tilts forward rather than the characters. People benefit from words in many ways. However, he is bound by words and sometimes suffers. The author of the text also felt that he had a dilemma in his words-in view of its content. As long as you are human, you will not be able to escape from words. But by dismantling it from a visual approach, it may be possible to temporarily create an abstract space.

segment_1 のコピー.jpg

tile

今作では写真を一枚のタイルに見立て、繰り返し並べることで新たなイメージを作り出している。写真には常に対象があり、どれだけ抽象的に写したとしてもその具象性からは逃れられない。しかし大量に並べることにより写真の中の対象はディストラクトされ、抽象的なパターンが前傾化する。

In this work, a new image is created by arranging the photographs as a single tile and arranging them repeatedly. There is always an object in a photograph, and no matter how abstract it is, it cannot escape its concreteness. However, by arranging them in large numbers, the objects in the photograph are distracted, and the abstract pattern is tilted forward.

reflection.jpg

dissociation

2020年4月、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、日本政府は緊急事態宣言を発令した。YouTubeにはコロナ関連の動画が溢れ、コメント欄からは人々の混乱が見て取れた。様々なヘイトや、コメント同士のいがみ合い、根拠のない情報の蔓延。しかし一歩外に出れば、そこにはいつにも増して静かな街の姿があった。外にはヘイトを叫ぶ者も、いがみ合っている者もいない。皆穏やかに散歩をしている。人間は普段理性によって抑圧されているが、インターネットというバーチャルな空間において、その力は急速に弱まる。インターネット上にはもう一つの身体(ここでは仮に電脳体と呼ぶ)が存在している。そして電脳体は、現実の身体とは異なる理性のもとに行動を行う。インターネットの登場による人間の身体の解離は興味深いが、他方で不気味なものでもある。そしてこの現象は、インターネットをやめて現実と向き合えば解決できる、というタイプの単純な問題ではない。電脳体はすでに私たちの身体の、そして社会の重要なファクターになっている。

In April 2020, the Government of Japan issued a state of emergency to prevent the spread of the new coronavirus. YouTube was flooded with corona-related videos, and people's confusion could be seen in the comments. Various hate, conflicts between comments, and the spread of unfounded information. But when I stepped outside, I found a quieter city than ever before. No one is screaming hate outside, and no one is in conflict. Everyone is taking a gentle walk. Human beings are usually suppressed by reason, but their power rapidly weakens in the virtual space of the Internet. There is another body on the Internet (tentatively called a cyber body here). And the cyber body acts based on reason different from the actual body. The dissociation of the human body due to the advent of the Internet is interesting, but on the other hand it is also eerie. And this phenomenon is not a simple problem of the type that can be solved by quitting the Internet and facing reality. The cyber body has already become an important factor in our body and in society.

スクリーンショット 2020-08-06 22.32.40.jpg

spectre

写真において光は不可欠であり、我々はその明暗から対象を判別している。故にモノクロ写真は写真として成立する。では反対に、明暗が存在せず色だけが存在する写真は写真となり得るだろうか。その問いに対する答えとして写真の明暗を色のグラデーションに置き換えたイメージを制作した。

Light is indispensable in photography, and we distinguish objects from their light and darkness. Therefore, a black-and-white photograph is established as a photograph. On the contrary, can a photograph with no light and darkness and only color be a photograph? As an answer to that question, I created an image in which the light and darkness of a photograph was replaced with a color gradation.

8..jpg

sediments

水面に映る建築物を見ることは出来るが、触れることは出来ない。写真に写る建築物にも同じことが言える。例え触れたとしても、それは水や紙といった支持体の表面に触れただけである。現実の建築物に触れればその温度や質感、質量を感じ取ることが出来る。しかし水面や印画紙の建築物は「見える」がそこには実際存在していない。存在するとはどういうことなのか。私が写真や反射などの現象に出くわした時に思い当たるのは、いつもその前提的な疑問である。

You can see the buildings reflected on the surface of the water, but you cannot touch them. The same is true for the buildings in the photo. Even if it touches, it only touches the surface of the support, such as water or paper. If you touch a real building, you can feel its temperature, texture, and mass. However, the water surface and photographic paper buildings are "visible" but do not actually exist there. What does it mean to exist? Whenever I come across phenomena such as photography and reflections, I always come up with that premise question.

26.png

copy

見えている。そこにあるというのは必ずしも実在を指している訳ではない。現実≠非現実ではなく、現実≒非現実なのだと視点を変えるためには水の反射を見るのが一番手っ取り早い。そこに映る事物はフィクションであり、それを見る我々もフィクションになり得る。そして水だけが、そのどちらにも回収されない界面として存在し続ける。 

I can see it. Being there does not necessarily mean reality. It is the quickest to see the reflection of water in order to change the viewpoint that reality ≒ unreality, not reality ≠ unreality. What is reflected there is fiction, and we who see it can also be fiction. And only water continues to exist as an interface that is not recovered by either.

DSC_0003 のコピー.jpg

vague

いまはインターネット上で画像検索をすればあらゆるものを「見る」ことができる。ファストファッションやファストフードのように「ファストイメージ」とも呼べるそれらの画像から我々が得られるものは何か。日々ネット上で大量に生産、消費されている画像は網膜に瞬間的に焼き付き、そして数日後には忘れ去られる。

Now you can "see" everything by doing an image search on the Internet. What do we get from those images that can be called "fast image" like fast fashion and fast food? Images that are mass-produced and consumed on the Internet every day are instantly burned into the retina and are forgotten after a few days.

SnapCrab_NoName_2019-8-29_17-48-7_No-00 のコピー.jpg

reflection

コンピュータが作り出した”画像”という概念があらゆる情報を均一化した。画面に映っているのが人間でも動物でもアニメでも、それらは等しく画像である。今作では画像から色のみを抽出し、再構築することで均一化されたイメージを制作している。

The concept of "images" created by computers has made all information uniform. Whether humans, animals, or animations appear on the screen, they are equally images. In this work, only the color is extracted from the image and reconstructed to create  uniform images.

landscape2.jpg

others

人物写真の明暗に色のグラデーションを繰り返しマッピングした。同じグラデーションを重ねても個々の明暗によって割り当てられる色が異なるため、最終的にそれぞれ異なる色を持った画像になる。編集ソフトがデータを自動で判断し色を割り当てる機能を利用したためランダムな結果ではあるが、人間が同一の光からそれぞれ異なる色を知覚するという相対性を表現しているようにも見える。

The color gradation was repeatedly mapped to the light and dark of the portrait. Even if the same gradation is superimposed, the colors assigned to each light and darkness are different, so the final image will have different colors. Although it is a random result because the editing software uses the function to automatically judge the data and assign the color, it seems to express the relativity that human beings perceive different colors from the same light.

2 のコピー.jpg

wavelength

人類にとって食物の色を見分けることは生存に関わることだった。例えば木になる実を見つけるためには葉の緑と実の赤を見分けなければならない。もし仮に色が今のように見えていなかったら、我々が食物を選択する基準は変わっていたかもしれない。

For humankind, distinguishing the color of food was related to survival. For example, in order to find the fruit that becomes a tree, you must distinguish between the green of the leaves and the red of the fruit. If the colors didn't look like they are now, the criteria we choose for food may have changed.

2.jpg