press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom

spectre(2019-2020)
 

写真において光は不可欠であり、我々はその明暗から対象を判別している。故に色の無いモノクロ写真は写真として成立する。では反対に、明暗が存在せず色だけが存在する写真は写真として成立するだろうか。その問いに対する答えとして写真の明暗を色のグラデーションに置き換えたイメージを制作した。

 

Light is necessary for photography because we recognize what object is in a photograph by the light and shade of it therefore, needless to say, black and white photographs are photographs. Subsequently, how about the opposite? If there were only colors, no light and shade in a photograph, would you notice it's a photograph? To answer the question, I created some images by mapping color gradations on light and shade of photographs.