sunkenwords(2021)

今、言葉を扱う者の責任が重くなり続けている。SNSでの炎上、いじめ、時には言葉が人を殺す。しかし元々、言葉は木の葉のように軽やかなものではなかったか。